メインイメージ

電話は音声のみです。そして一般的な「チャット」はいわゆる「テキスト」のみでのやりとりになります。それぞれコミュニケーション上の利点というものがありました。メールやチャットでは物事を整理して伝えることに優れていました。文字で整理すれば、何事も論理的に伝え安かったのです。ですが、「顔が見えない」という難点があります。

時代は進歩し、携帯電話での「テレビ電話」はどのような端末でも搭載されるようになりました。テレビ電話は「会って話すかのような」フェイストゥフェイスのコミュニケーションを実現するものでした。たとえ遠く離れていても、テレビ電話を用いれば相手と「熱を持った」顔と顔をあわせるコミュニケーションが可能になったのです。それは簡単なことではありませんでした。音声だけではなく、「映像」を転送する強固な回線速度が必要だったのです。ですが、それは実現されました。

携帯電話で可能であるのならば、それはパソコンなどでのネットワークコミュニケーション上でも可能になるはずです。映像をリアルタイムに転送するような仕組みがあればいいわけです。最近のパソコンには、特にノートパソコンには、必ずといっていいほど「カメラ」がついています。それは「WEBカメラ」と呼ばれたりします。インターネット上でのコミュニケーションのために用いるとされているものだからです。それらのカメラと、内蔵された「マイク」で、私たちは現在ではインターネット上でまるで「テレビ電話」を行うようにコミュニケーションをとることができるのです。

ネットワークの発展は、人と人のコミュニケーションに新たな次元を到来させることになりました。私たちは今では、どこにいても誰とでもコミュニケーションをとることができるのです。私たちの生活が豊かに便利になっているのは、この「コミュニケーション」の容易さも一役買っているのです。ライブチャットはさまざまなコミュニケーションのなかのひとつです。ですが、電話と違う点は「通信量が無料であることが多い」という点です。電話であればその通話時間に比例して通話料がかかるのです。ですが、ライブチャットは基本的なものであれば無料です。

そして、現在では誰でもインターネットを使いこなす時代です。ですから、そのような時代にあるライブチャットのコミュニケーションは、誰でも映像つきのリアルタイムなコミュニケーションをとることができるということになるのです。

ライブチャットを使いこなすためには、少しのインターネットスキルが必要です。ですが、それは専門的なものではなく、そのパソコンを使うための技術であったり、そのライブチャットの使い方だったりというものです。まとめてしまえば、携帯電話を使いこなすほうが難しいのではないでしょうか。そのような簡単なスキルだけで、私たちは世界の誰とでも、簡単にコミュニケーションがとれるようになるのです。そのような利便性を持ったライブチャットですから、利用しない手はないのです。電話のように一般的ではないのは、「どのような時に使えるのかわからない」ということだからだと思います。一度使ってみればとても便利なライブチャットですから、是非触れてみましょう。

Copyright© ライブチャットとは何か All Rights Reserved.
dir